世界一周19日目 PM2:00「GRACIE BARRA 」

黒人ガールをストライクゾーンに入れてロサンゼルスに降り立った。
旅は世界を広げてくれる。
ステキステキ。

さて、ここからは、シャトルバスに乗ってアーバインへ向かう。

なぜアーバインか?

今回の旅の中で、大きな目的の一つ。
それが「グレイシーバッハ ワールドサミット」への参加だ。
グレイシーバッハ*GRACIE BARRAは
世界中に約800のスクールがある世界的なブラジリアン柔術アカデミー。

自分もそこで柔術を学ばせてもらっている。

そのGBワールドサミットは
世界中からグレイシーバッハの仲間が集まり、3日間に渡って、世界レベルの柔術を学び、交流を深める一大イベント。
会場はLas Vegasだ。
日本からは、先生方3名と僕を含めた生徒3名の計6名が参加予定。

で、その前にアーバインへ立ち寄り、日本から来ている先生達と合流する。
アーバインには、グレイシーバッハ*GRACIE BARRAの世界本部ジムがあるので、そこに出稽古へ行く予定だ。

さて、シャトルバスにもスムーズに乗車出来た。


このバスは乗り合いタクシー?みたいな感じ。
同じ方向へ向かう複数の人がバスに乗り込み、それぞれが目的地で降りていく。
使ってみた感想は、めっちゃ便利で、安いし、おススメだ。
多分このサイトを参考にしたような気が・・・
https://tdrnavi.jp/blog/5124

約1時間半後、宿泊先ホテルに到着。

実は、この到着の15分くらい前から、めちゃめちゃソワソワしていた。

それは・・・
ついに、ついに、
一人じゃない旅が始まるから!
もう、うれしすぎる。

先生に連絡を入れる。
ドキドキだ。

デートの待ち合わせの中学生のドキドキ感。

まだか、まだなのか。

でも、今から来るのは
ブラジリアン柔術の黒帯の先生40代(男)(いかつめ)だ。
*先生すみません。。。( ̄▽ ̄;)

そんなこと関係なく、心臓はドキドキを止めない。
困った心臓だ。

そこへ、先生が満面の笑みで現れた。

きゃ~~!!
先生!!

って感じ。

しかしその興奮を抑えて、満面の笑みでがっちり再会の握手。

うれしかった~
超うれしかった~

とにかく、めちゃくちゃうれしかったのを思い出す。
一人旅が過酷すぎたせいもあって、とにかく先生との再会がうれしかった。

で、ゆっくりする間もなく道衣に着替える。
すぐに他の日本メンバーとも合流。
初めましてのあいさつもそこそこに、ホテルから歩いて1分の本部道場へ向かう。

道場の中は、とても広くて開放的。
いくつかのフロアーに分かれている。
各フロアごとに、同時並行でプログラムが展開されている。
良い雰囲気のジムだ。

日本の先生方は、笑顔でいろんな人と握手したり、談笑したり楽しそう。
まだ、当時白帯の自分にとっては、正直その場所の凄さや、そこにいる海外の先生たちの凄さもわからない。

ただ、一人だけ「こりゃすっげー」と思った人が。

マスターカーロスグレイシーJrだ。

彼こそが、現在のGRACIE BARRAのトップ。
GBをここまで世に広げた立役者だ。

で、練習に参加。
そこにいる高揚感はあるものの、日本と大きな違いは特に感じなかった。
でも、一点あげるとすれば「動きが柔らかい」
全体的に力みが無くて、流れるようにスパーリングをしていたのが印象的だった。

そんな充実感ある練習も終了。

改めて記念撮影。

真ん中がマスターカーロス。右端がわたし。

さぁ、楽しい柔術旅の始まり始まり。

関連記事

  1. トレインマーケット

    世界一周3日目 AM7:00「トレインマーケット」

  2. 世界一周8日目 AM9:30「バスローブとシンガポールの夜景」

  3. 世界一周23日目 AM9:00「GBWS,ワールドサミット2日目」

  4. 世界一周21日目 AM9:00「Las Vegasへ、テイクオフ!」

  5. 世界一周14日目 AM10:00 「コーヒーを床にぶちまけるサムライ」

  6. 世界一周13日目 PM13:00「SAMURAIになりたい」

  7. 世界一周15日目 AM11:00「夢が目標に変わるとき」

  8. 世界一周20日目 AM5:30「カリフォルニアで朝から柔術」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP