世界一周6日目 PM1:00「ムスリム美人と、キャリアウーマンと、僕と」

DAY6 クアラルンプール。

朝からホテルのビュッフェで朝食。
人種が入り乱れて大賑わい。本当に多国籍でテンション上がる。


適当に座ったテーブルで一緒になった、短髪白髪のめちゃめちゃカッコいい中国系アジア男性と少し会話。
40代半ばくらいかな?
ジーンズに白の半袖Tシャツ、腕には品の良い腕時計とさりげないブレスレット。
身長は180センチくらいで筋肉質。
髪型も朝からビシっと決まって、笑顔もさわやか。
余裕があって、自然体。
一瞬で惹き込まれる魅力的な人だった。
あんな人になりたいな~

ま、そんなゲイみたいな話はさておき。

今日は、ブルーモスクへ行きたいので、ホテルのロビーでタクシーをお願いする。
1か国目のタイでは、移動に対するストレスが凄かった。
なので、今回は「快適」が最優先だ。

タクシーが来た。

ホテルの人「ブルーモスクまで50リンギットで行ってくれ」
運ちゃん「オッケー」

乗り込み、走り出した。
すると、30秒もしないうちに交渉してくる。

運ちゃん「ブルーモスクの前に、近くのモスクも見た方がいいぞ」
僕「そうなの?」
運ちゃん「そうだ、この3つのモスクは見た方がいい」

パンフレットを渡してきた。

運ちゃん「400リンギットで、夜の7時まで、3つのモスクを回らないか?」
正直、高いか安いかもわからない。
ざっと、計算してみると10000円位。

そこから、あーだこーだと交渉してくる。
結局、数分もしないうちに160リンギットまで下がった。
おっさん、吹っかけすぎやろ(笑)

「オッケー、お金下ろすから待ってくれる?」

で、一番近くのモスクに到着。


中に、ATMもあるらしい。
行ってみたけど、なぜかお金が下せない。
そのうえ、モスクは今の時間は閉まっているらしい。

「なんやねん、あの運転手」

この運ちゃんに、付いて行ったらロクな事なさそう。
ま、信用できない人間と一日中居たくないので、ホテルへ帰ってくれと伝える。
運ちゃんは、しつこく1日回ろう!と交渉してくる。
ほんまに、ほんまに、めんどくさい。

海外旅、とにかくこの交渉が結構疲れる。
もっと英語が出来たらって、本当に思う・・・
英語もっと勉強しよ。

結局、諦めたのか、交渉してこなくなったと同時に、めちゃくちゃ不機嫌で不愛想に。

「は~、朝からほんま疲れる・・・」
日本語で、独り言が漏れる。

ホテルに到着すると、行きは12リンギットだったので、往復24リンギット程度なのに、50リンギットを要求してきた。

僕「いやいや、24やろ?」
運ちゃん「いや、50」
僕「行きが12、往復で24やん」
運ちゃん「違う、50だ!」
僕「ありえん、24や!!」

しばらく険悪なやり取りが続き、最終35リンギットを支払った。

もう、めんどくさすぎる。

とにかく気分を切り替えよう。
ってことで、1Fにあるカッコイイラウンジカフェで昼食を取ることにした。

スタッフのおばさんがめっちゃ明るくて良い感じ。
癒されるわ~。

注文したサンドイッチをナイフとフォークでゆっくりゆっくり食べる。
本当にゆっくりと、味わいながら、丁寧な食事。
お腹と共に、心も満たされていく贅沢な時間。

食事のあと、新しいサンダルが欲しい。てことで、部屋で少し休んでから、パビリオンへ。
ホテルから、繁華街までは徒歩10分ほどだ。

途中、道がわからず、当然のように、かわいいフィリピーナに道を聞く。
すると
「Let’s Go!」
一緒に行ってくれるみたい。
道中、少し英語で会話。
別れ際、「ありがとう」って日本語で言ってくれた。
たまらなくかわいい。

夜ご飯に誘えば良かったと、本気で後悔。

パビリオン、中は広くてお店も充実してて、楽しいけど、世界共通のレイアウトって感じ。
店員の質はかなり低い。
改めて、日本の接客サービスは質が高いんやな~と思う。
思いやりとやさしさがあって、相手に不快な思いをさせないことを大切にする。
相手を、人を大切にする。
その文化こそが、日本の強み。

もちろん、ここマレーシアの人たちにもたくさん優しい人がいる。
そう、パビリオンへ行く途中に銀行へ寄った時の話。

銀行に入りATMに並んだ。
自分の順番になり、新生銀行のカードを入れた。
暗証番号を押して、操作するけどエラーが続く。

「なんで?お金ないと困るやん」

そこで、銀行の人にヘルプミー。
ムスリムだろうか、頭に布を巻いた女性銀行員が対応してくれる。

カードを入れて、ボタンを押した後、「暗証番号を入力して」と言われたので、入れる。
エラー
もう一度。
カード入れる。暗証番号入れる。
エラー

銀行員「暗証暗号間違ってない??」
僕「合ってると思います」

う~ん、再度チャレンジするが上手くいかない。

「う~ん、困ったな」
ATMから目を外し、ふと困り果てている彼女を見た。

ここで、衝撃の事実に気づく。

めちゃめちゃかわいいじゃないか!!

あの、ターバンみたいな布の存在感が強すぎて、気づかなかった。
目がクリクリで、ホリが深い。
ドストライクのビジュアル。
もう気持ちは、ATMどころではない。

写真はイメージです。

「どうしたの?」
そこに、助っ人が登場。

キャリアウーマン風の美人おねいさんだ。

二人がかりで、困った僕を助けようと一生懸命。

そして、カードを入れて、再度チャレンジ、何度もやっているので、もはや「暗証番号を入れて」なんて言ってくれない。
「暗証番号は何番?」
もう、おねいさんが直接僕の番号を打ち込んでいる(笑)

と、この時、冷や汗が噴き出した。
なぜか?

なんと、暗証番号を間違えていたことに、気づいてしまったのだ。
「や、やば~い・・・」

かれこれ10分以上、2人は僕のためにATMと格闘してくれている。

おねいさん「日本の銀行に連絡を取って、どうにかしてもらいましょう」

いやいや、それはよして欲しい。
だって、原因はわかってるんだもの。

原因はなにかって?

そう、暗証番号が違うの。

だから絶対に、お金は出てこないの。

何度も何度も、違う番号を一生懸命入れてるだけなの。

意を決して、二人に伝えた。

「あの~、暗証番号間違えてるかも。てへっ。」

一瞬の間のあと、2人とも大爆笑。
「も~!!(笑)」って感じ。

呆れながらも、頼りなさそうな僕を最後まで2人がかりで助けてくれた。
嬉しかった~!
ありがとう♪

あ~、夜ご飯誘えばよかった。
2人とも。

関連記事

  1. 世界一周19日目 PM2:00「GRACIE BARRA 」

  2. 世界一周23日目 AM9:00「GBWS,ワールドサミット2日目」

  3. 世界一周2日目 13:00「ルームナンバー11」

  4. 世界一周21日目 AM9:00「Las Vegasへ、テイクオフ!」

  5. 世界一周13日目 PM13:00「SAMURAIになりたい」

  6. 世界一周14日目 AM10:00 「コーヒーを床にぶちまけるサムライ」

  7. 世界一周10日目 AM9:00「火葬場のじじい、いやおじいさん」

  8. 世界一周9日目 AM6:20「地獄のインド。始まり始まり」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP