世界一周4日目  AM7:00「金髪美女」

DAY4 タイ。

昨日のナイトマーケットは、かなり刺激的だった。

さて、Airbnbで見つけたペントハウスも今日まで。
最初は「げ~、早く出たい」って思ってたけど、無駄に適応能力が高いせいか、既に居心地が良くなってしまっている。

しかし、この宿は今日までしか確保していない。

というのも、本来なら明日からインドネシアのバリ島に行く予定だった。
それが、出発直前にバリ島のアグン山が噴火するかもしれないという事で、直前までどうするか悩んだ結果、タイからインドネシアの航空券と宿泊費はパーになるけど、出発の3日前にバリ島は断念してマレーシアに変更した。

その関係上、タイでの滞在が1日延びたのだ。
ということで、急遽確保した宿へ移動しないといけない。
といっても次の宿は、今の宿から歩いて3分の場所にある「Malaysia Hotel」にしたので楽ちんだ。

Malaysia Hotel

朝から余裕で荷物をパッキング、しばらく部屋でゆっくりして出ていこうすると、猛烈なスコール。

「お~、これがスコールか~」

なんて余裕をぶっこいていたけど、30分ほど待っても、一向に止む気配がない。
歩いて3分と言っても、そのまま行ける勢いの雨じゃない。
時間的にもやばくなってきたので、仕方なく準備しておいたカッパを装着して出発。

とてつもなく怪しいスタイルだ。

捕まるかもしれないスタイルで歩くこと3分。
チェックイン完了。
フロントのお姉さんも優しくて、部屋もなかなかきれいだ。

明日は、朝6:15の飛行機でマレーシアへ移動なので、今日はあまり夜遅くまで探検は出来ない。
という事で、さっさと準備をして出発。
地下鉄の駅へ向かう途中、気になっていたカフェに入ってみる。
朝食兼昼食でハンバーガーを注文。

見た目は普通のハンバーガー、しかし食べてみると見事に「タイ風ハンバーガー」
甘辛さの中に絶妙な酸味。

「うまい、うますぎる・・・、初めて出会う味。なのにいきなりハンバーガー部門1位やわ」

例えるなら、初めて会ったのに「結婚しよう」って言ってしまいそうな女性って感じ。
出会ったことないけど。

で、とりあえず地下鉄に乗って、ターミナル21へ。

広いショッピングモール。
中にはなぜか日本を再現したフロアーもある。
しかし、売っているのは半分以上が女性のセクシー系の下着(笑)

ビルの中を一通り回って、建物を出た。
タクシー乗り場があったので、タクシーを待つことに。
次の目的地は、「ラジャナムダンスタジアム」ムエタイ観戦だ。

めっちゃくちゃ楽しみ。

タクシーに乗り込み、行先を伝える。
向かう車中で、すでに興奮気味だ。

しかし、到着するとまさかの休演。
今年は、国王が亡くなった関係とかで、10月はムエタイをしないとの事。

オ~マイガ。

てことで、タクシーの運ちゃんに相談してみた。

「今からヒマやねんけど、マッサージでいい所ない?」

すると運ちゃん
「ええとこあるで~、良いマッサージ連れて行ったる!まかしとき!」

関西弁で言うとこんなノリだ。

しかし、この運ちゃん2つ気になる点がある。

気になる点①
最初から全くタクシーメーターを作動させていない。
気になる点②
助手席の前に貼ってある、タクシー運転手の証明写真と運ちゃんが全くの別人。

謎だ。

というか、ボッタクル気満々だ。

ボッタくる気持ちが完全に漏れてしまっている。
というか、海外初心者の僕でも自信を持って言える。

やべぇ奴のタクシーに乗っている。

普通ならここで降りるのだろうが、ちょっとしゃべっていい奴なら「ま、ええか」となってしまう自分のよくない部分が出てしまっている。

てことで、「ほな任せるわ~」で出発。

車は中心部からどんどん離れて、かなり何もない田舎へ向かって走る。

ん?なんで?

少し不安が顔を出す。
走ること15分、周りに景色は完全にド田舎になった。
すると、一軒のデッカイ建物が見える。
ホテルだろうか?
タクシーは、その建物のゲートをくぐり、中へ入っていく。
薄暗い駐車場へ入り、さらに車は地下へ。
どんどん真っ暗になっていく中、車はさらに地下へ向かって走る。

ん?
なんか変なとこに連れていかれてない?
どう考えてもヤバいとこに連れていかれてる気がする・・・
怖い。
一人やし、拉致られてもわからん。

顔も態度もそのままだけど、心臓の鼓動だけが早くなる。

周りを注意深く確認する。

とにかく、逃げる方向だけは決めておこう。

で、万が一の為に、日本の友達にLINEで状況だけ伝える。

何かあったら殴ってダッシュ・・・、大丈夫。
自分に言い聞かせた。

一番地下まで進むと、真っ暗な道の先に少しだけ光が見える、そこにスーツ姿の男が数人立っている。

やばっ、めっちゃおるやん・・・
これ拉致られる?殺されたりせんかな?

心拍がやばい。
でも顔と態度は平静を保ち、心の中ではとてつもなくビビっている自分がいる。

心の中で「とにかく殴ってダッシュ」を繰り返す。

男たちの前でタクシーが止まる。

「はい、降りて」

降りると、そこには同じように連れてこられたであろう欧米男性が3人。
少し安心する。

一人の男が僕の背中に手を回して、扉の中へ案内する。

え、これ入ったらヤバくない?

しかし、促されるまま扉の中へ。
入るとそこは、使わなくなったホテルの会議場だった。
とにかく広い、優に500人以上は入れそうな広さだ。

その一番奥にスポットライトが当たったひな壇が。

目を疑った。

そのひな壇に、金髪からアジア系まで30名くらいの下着姿の女性が座ってこちらを見ている。
マッサージはマッサージでも、連れてこられたのは「大人のマッサージ」

「4000バーツでオッケー、どの子にする?」
スーツの黒服が聞いてくる。

ま、素直に言えば
「オ~、キンパツビジョオルヤンヤバイネ」ってちょっと思いましたけれども。
しかし、こんなディープな風俗怖すぎる。
自分の名誉で言えば、風俗は基本的に行かない。
てことで、少し悩むふりをして

「良い子がいないからやめとくわ、ソーリー」

堂々たる態度で、タクシーへ向かって歩く。
すると、運ちゃん

「どうした!? いい子がいなかったのか??」

「う~ん、そやね」

「オッケー、違う店に行こう」

いや、もうええわ!!!!
ってことで、ホテルに帰ってくれと伝える。

タイ人タクシーには珍しく、英語が出来るのでホテルへ戻る間、色々と会話をした。
日本のこと、タイのこと、彼とは同じ年だったこと、彼のお母さん、娘のこと。
良い奴に見えてくる。

そこで質問してみた。

「ていうか、なんでその証明写真のドライバーと、ビー(運ちゃんのニックネーム)は別人なの?」

「彼は友人で、車を借りてるんねん」

「へー、そんなや~」

いやいや、こいつあかん奴やん笑
ま、根は悪くなさそうなので良しとしよう。

という事で5時ころホテルに到着。
「夜ご飯はどうするんだ? 俺が良い所連れて行って、そのあと夜の街も案内するぜ!」

普通なら断るだろう。
でも、僕の頭はちょっとおかしい。
白タクのビーちゃんと、8時に再度合流をプロミス。

この後、すんごいディープな経験が待ってます。

関連記事

  1. 世界一周8日目 AM8:00「初めてのGrab」

  2. 世界一周4日目 PM8:00「セクシーショー」

  3. 世界一周14日目 AM10:00 「コーヒーを床にぶちまけるサムライ」

  4. 世界一周9日目 AM6:20「地獄のインド。始まり始まり」

  5. 世界一周

    出発前夜「33日世界一周。夢を叶える旅に出る」

  6. 世界一周10日目 AM5:30「ヴァーラーナシーの奇跡」

  7. エアアジア

    世界一周1日目 13:00「エアアジアのCA」

  8. 世界一周20日目 AM5:30「カリフォルニアで朝から柔術」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP