世界一周24日目 PM9:00「未来を見れる街、ラスベガス」

無事、グレイシーバッハワールドサミットも終わった。
ここアメリカラスベガスで柔術ざんまいの三日間だった。

もしかしたら、強くなったかも知れない。
いや、強くなっただろう。
だって、アメリカで練習したし。

今思えば、よくも白帯でこんな世界的なイベントに参加したもんだ。
無知って恐ろしい。

という事で、最後のラスベガスナイト。
先生と一緒にラスベガスの街へレッツラゴーだ。

タクシーに乗って走ること15分。
中心街へ到着。

最初に向かったのは、有名なベアージオの噴水ショーだ。

見てよ。
目ん玉開いてよく見て欲しい。

すんごい迫力。
ザ・アメリカって感じ。
想像以上で大満足だ。

ラスベガスの町はとにかく想像以上に楽しい。
町全体がアトラクション、お祭りの中にいるみたい。
自然とテンションが上がってくる。
先生と二人でキャッキャッ言いながら歩く。
周りからは、ジャパニーズゲイカップルに見えたかもしれない。
でも、そんなこと知ったこっちゃない。
だって、楽しいんだもの!

不思議なもので、あれだけ悪かった体調も良くなってきた。
ウキウキ気分で歩き回っていると、目に入ってきたのは3Dプリンター。

人が中に入って、数分するとその人のフィギアが出来上がってくる。
ここは未来ですか?
未来に来ちゃってますか?私たちは。
そんな感じ。

そして、次の衝撃はすぐにやってきた。

VRだ。

 

このVRヤバいでしょ?
やっぱりここは未来ですか?

そこから数分後、まだ興奮冷めやまぬうちに、次の衝撃がやってきた。
ラスベガスは、休息なんて与えてくれやしない。
舐めんなジャパニーズだ。

何かわかるかな?
これロボットバーです。

タッチパネルでドリンクを選ぶと、自動でロボットが作って、はい完成。
もう、人は不要です。
「すみませ~ん、焼酎お湯割りください~」
「え?お茶割ですか?」
そんな、不毛なやりとりとか不要です。
ここラスベガスは未来です。
未来の店員はロボットですから。

あちこち歩き回って大満喫のラスベガスの夜。
もう衝撃は当分いりません。
満足です。

「そろそろ帰りますか」

そんな感じで帰路についた次の瞬間だった。
またしても衝撃の光景が!

かなり年齢層の広い老若男女が踊り狂っているではないか。
そして、独特な音楽。
ステップも独特。
見ているだけで高揚してくる。
自然と足がそっちに向かい引き込まれていく。

踊りたい。
遅り狂いたい・・・
そんな衝動に駆られる不思議な空間。
その名も
「スパニッシュ ステップスバー」

その時、先生と僕は確信した。
「数年後、日本で絶対流行る」

ラスベガスは、これから先の未来を見れる街だ。
また、未来を見たくなった戻って来よう。

関連記事

  1. 世界一周9日目 AM6:20「地獄のインド。始まり始まり」

  2. 世界一周20日目 AM5:30「カリフォルニアで朝から柔術」

  3. 世界一周11日目 AM8:30 「インドで見つけた宝物」

  4. 世界一周6日目 PM7:00「トイレの神様inマレーシア」

  5. 世界一周19日目 PM2:00「GRACIE BARRA 」

  6. 世界一周2日目 13:00「ルームナンバー11」

  7. 世界一周19日目 AM9:00「フード付き枕と黒人ガール」

  8. 世界一周4日目  AM7:00「金髪美女」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP