世界一周18日目 PM1:00「ずんどう屋New York」

朝5時起床。

日本のスタッフとの報連相やらメール確認をする。
2時間ほど仕事をして、シャワーを浴びて身支度。

11時頃ホテルを出発。
宿泊しているホテルの場所はハーレム。

昨日と同じように独特の黒人街を歩いて地下鉄の駅へ向かう。
そして昨日と同じスタバへ。
カフェラテを飲みながら道ゆく人を眺めていた。

今日で、弾丸世界一周も18日目。
たった18日だけど、色んな国で色んな体験(濃い過ぎる)を思いっきり味わっている。
で、今はニューヨークの黒人街。
そんな、自分の状況に朝から少し興奮していた。

落ち着かせるようにカフェラテを飲んでから地下鉄へ向かう。

さて、昨晩は、おならを我慢しながらニューヨークのBIGBUSナイトツアーを満喫した。
ニューヨークの夜は賑やかで刺激的。
BIGBUSを選んで本当に良かった。

そしてまさかの、
今日もBIGBUSだ。

ニューヨークに一人で来て2日連続でBIGBUSに乗るという選択。

完全に旅の倦怠期。
自力で歩くことに完全に飽きていた。

乗車時間までしばし待機。
昼飯を食べる店を探索する。
日本では見たこともないような、いろんなお店がある。
色んなお店に目移りしながら、長い時間迷った。
そして、選んだお店。

スタバだ。
スタバをはしご。
しかし今回の訪問は昼飯。
問題ない。

スタバは優しくて素敵なスタッフで有名。

しかし、NYど真ん中のスタバは、優しくなんてしてくれない。
英語が出来ない日本人=モンキー
サル扱い。
そんなもんだ。
人種差別?アジア人軽視?
そんなもんは当たり前。
イエーイ!!
人種差別しちゃうぜ!!!
アジア人?
軽視しちゃうぜ!!!
って感じだ。

被害妄想だろうか?
ま、人間なんてものは比較の生き物だから仕方ない。
比較の無い自由で平和で愛にあふれた世界を心から望む。

・・・。
悲しいけど無理だろう。

ま、そんなことはさておき。

BIGBUSに乗り込む。
今日も、色んな場所をオープントップのバスでNY市内を回ってくれる。
天気も良くて良い感じ。


このバスは、好きなところで乗り降りが出来るところが魅力だ。

倦怠期の旅人はそんな魅力も無視。
全く降りることもなく一周を終えた。

ビバ倦怠期。

タムズスクエアの辺りからブラブラと散歩を始めた。
とにかく人だらけ。
国籍もバラバラ。
パフォーマンス集団が街を賑やかしている。

そして、こんな人も。

すごい、壁まで使ってるわ(笑)
一気に引き込まれて、ずーっと見ていた。
天才ってこんなところにいるんやね。

その後、屋台が立ち並ぶ通りへ。

サングラスが欲しいので色々とお店をめぐる。
良い感じのがあったので購入。

これで、ジャパニーズモンキーもちょっとはカッコよくなっただろうか。

NYは街自体に人を呼ぶ魅力がある。
ビルの一つ一つが芸術的。
それがいくつもいくつも立ち並ぶ。
人が集まる場所には自然とお金も集まる。
そうすれば、街の影響力も強くなるんだな~なんて実感。

そして、NYに来たら絶対に行きたかった場所へ。
Googleマップを頼りに観光がてら歩くこと40分。

それが

ずんどう屋ニューヨークだ。

僕の地元は兵庫県姫路市という姫路城で有名な街だ。

その地元からニューヨークへ進出したラーメン屋。
関西を中心に全国で30店舗以上ある。
それがずんどう屋。

しかも、そのラーメン店の創業者は同じ歳で少し知り合い。

彼が掲げた
「姫路から世界へ」
という言葉をそのまま実現させたお店をこの目で見てみたい。
そして食したい。

あ~、興奮。

店を発見。
学生街の中にあるビルの地下にあった。

階段を下りてドアを開けると

「らっしゃい!!」

見た目は日本人の外国人が元気に出迎えてくれた。

お~、日本語なんや。
なんかうれしい。

周りには、たくさんのお客さん。
国籍は様々。

僕は、いつものラーメンを注文する。

どんな味やろ?一緒かな?

ドキドキしながら待っていると、ラーメンが届く。

見た目は、ま~同じ。

まずはスープ。
そして麺。

うんうん、ちょっと何かが足りてない気はするけど、日本とほぼ同じ。

うまい!!

全くのゼロから、ニューヨークへ出店すると決めて、ここまでのクオリティーの味に仕上げる。そして、しっかりと営業している。
相当な困難があったと想像できる。
その有言実行を思うと感動。
なんだか、胸が熱くなった。

ごちそうさま。

さて、明日は朝から飛行機移動。
遅くなる前にホテルへ帰ろう。

てことで、地下鉄に乗る。
目的駅は「125st駅」

迷いたくないので集中力を上げる。
そして、きっちり降り過ごす。
集中しても同じだ。
わからんもんはわからんね。
そこからも間違いを繰り返して、やっと駅に着いた。

すると地下鉄構内には屈強な警察官が6,7人めっちゃ怖い顔で警備?している。
まだ夜7時くらいだけど、明らかに昼間とは空気が違う。
こっちを見てくる黒人の視線もヤバい危ない感じ。

「これあかん空気や、緊張感あるわ・・・」

はっきり独り言。
しかし、無心無表情で出口へ歩く。

表に出てほっと一安心。
ホテルへ向かう。
しかし、その道中もやっぱり昼間とは違った空気を感じながら、緊張感を持って歩く。

ホテルも近づき、安心したら少し小腹が減った。
コンビニへ立ち寄り、ビールと水とクッキーを買って帰る。

ホテルに入ると受付のセクシーダイナマイトが笑顔で迎えてくれた。

癒される・・・
俺に惚れてるんちゃうかな。

勘違いは人を幸せにする魔法だよ~。

関連記事

  1. 世界一周10日目 AM9:00「火葬場のじじい、いやおじいさん」

  2. 世界一周20日目 AM5:30「カリフォルニアで朝から柔術」

  3. 世界一周2日目 13:00「ルームナンバー11」

  4. 世界一周11日目 AM11:00 「子供の笑顔」

  5. 世界一周

    出発前夜「33日世界一周。夢を叶える旅に出る」

  6. 世界一周9日目 AM6:20「地獄のインド。始まり始まり」

  7. タイ、ソンブーン

    世界一周2日目 18:30「ブアカーオ君」

  8. 世界一周4日目 PM8:00「セクシーショー」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP