世界一周16日目 PM10:00「PULLしてたぜ」

めちゃくちゃ久しぶりに、この33日世界一周日記を書こうと思う。
このブログを追い越して、昨年10月も33日間の休暇を取って、アジア一周旅をしてしまった。

なんてこった。

このブログは、当時の日記メモ帳と記憶を頼りに書いている。

いや・・
今となってはメモだけを頼りに書くことになりそうだ。
かたじけねーです。

では行こう。
曖昧な記憶の過去の旅へ。

ニューヨーク到着でいきなり、タクシー運転手に嫌味を言われた。
ま、英語が出来ないので仕方ない。
勉強しよう。

そして、着いた地域は「ハーレム」

ニューヨークは怖そうなので、地域とかよくわからんけど、なるべく良い感じのホテルを選んだつもりだ。

じゃらんで。

しかし、着いた地域は「ハーレム」

「めっちゃ怖そうなネーミングやん・・・」

よくわからんが、どう見渡しても治安がいいとは感じない。

そそくさとホテルへ入った。
ホテルのフロントは、ダイナマイトバディーのセクシー黒人ギャル。
オメメくりくりでマジでかわいい。

チェックイーーーーン!!

思い出したら気持ちよくなってしまった。
すみません。

荷物の片づけを済ませて再びフロントへ。

日本ザル「コンビニはどこだね?ダイナマイトセクシー」
ダイナマイトセクシー「そこのガソリンスタンドの中だよ、イエローモンキー」

外へ出て歩き出して気づく。

あ、財布忘れた。

ホテルの外ドアは、セルフ式。
番号押して入るタイプだ。

あ、番号忘れた。

ノックをしまくる。

ダイナマイトセクシーが中から開けてくれた。

アルツ「番号忘れちゃった、てへっ」
ダイナマイトセクシー「ふ~、○○○○よ!忘れんじゃないよ!このサル!」

財布を取って、再びガソリンスタンドへ。

スタンド内では、映画みたいなアメ車と、これまた映画に出てきそうなギャングファッションの黒人が7.8人たむろしている。

当然、全員がニホンザルをガン見。
急に静かになって、ガン見。
ギャル風に言えば、鬼ガン見。
ギャルがこう言うか知らんけど。

日本ザルは、広角レンズで黒人を識別し、コンビニ入口ドア一点だけを見つめて真っ直ぐ進み、スッと店内へ入った。

無表情のまま心の中で叫ぶ。

やっべー!!
やっべー!!
ここはヤッベー所だよーー!!!
おじさんカツアゲされちゃうかもよーーー!!

とりあえず、適当な食べ物を買って、またしてもまっすぐ前だけを見て、ホテルへ向かう。

入口で番号ピッピッ。

開かない。

再度、ピッピッ。

開かない。

いやいや、さっき聞いたばっかりの番号!!
聞き間違えたのか?

再度、ピッピッ。
やっぱり開かない!

ガチャガチャしてると、中からめんどくさそうにダイナマイトセクシーが開けてくれた。

番号押しても開かなかったよ!!
番号は、○○○○だよね!
なんで!?

ここでダイナマイトセクシーが一言。

「Push」

へへ。
PULLしてたぜ。

ご飯を食べて寝た。

関連記事

  1. トレインマーケット

    世界一周3日目 AM7:00「トレインマーケット」

  2. 世界一周14日目 AM10:00 「コーヒーを床にぶちまけるサムライ」

  3. 世界一周2日目 13:00「ルームナンバー11」

  4. 世界一周6日目 PM7:00「トイレの神様inマレーシア」

  5. 世界一周24日目 AM9:00「ラスベガスの街へレッツラゴー」

  6. タイ、ソンブーン

    世界一周2日目 18:30「ブアカーオ君」

  7. 世界一周21日目 AM9:00「Las Vegasへ、テイクオフ!」

  8. 世界一周19日目 PM2:00「GRACIE BARRA 」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP