世界一周8日目 AM9:30「バスローブとシンガポールの夜景」

DAY8 シンガポール。

1泊目のホステルからGrabを使って、次の宿泊先「カールトンホテル」に到着。
チェックインは11時以降なので、荷物だけ先に預けて探検に出ることにした。

どこに行くか?

もちろん、まずはマーライオン(笑)

道中、20代前半のかわいらしいメガネ女子に道を尋ねた。
丁寧に教えてくれる優しいメガネ女子。
ついでに、おススメの場所も聞いてみる。

「日本から来ました、おススメの場所はありますか?」

素敵な笑顔で、色々と教えてくれる。
めちゃめちゃ親切だ。
その中でも特におすすめされたのが「チャイナタウン」

「安くておいしい食べ物がたくさんあるし、楽しいよ!」
「へ~、オッケー!行ってみるね、ありがとう!」

そう言って写真を撮ってお別れ。

タイ、マレーシアより親日感を強く感じる。
タイは女子高生、マレーシアを女子大生とするなら、シンガポールは「大人の女性」って感じ。

シンガポールいいね~。実にいい。

さてさて、シンガポールの街並みは本当に素晴らしくきれい。
マーライオンも、マリーナベイサンズも。
天気も良くて最高だ。

天気最高

マーライオンは案外テンション上がる。

マーライオン。

日本語もあちらこちらから聞こえてきて、なんかうれしくなる。

一通り観光スポットを見て回ってから、チャイナタウンへ行くことに。

てことでGrabで配車。

GRAB

この「Grab」とにかく便利。
どこにタクシーがいるか?
どんな人が運転手か?
目的地まで費用はどのくらいか?が一発でわかる。
一度使うと便利さにハマる。

是非、アジア圏に行くなら使ってみることをおススメします。

てことで、到着した黒のプリウスに乗りこんだ。
目的地までの、費用も分かってるので、面倒な交渉もしなくて済む。

チャイナタウンへ到着。

メガネ女子がおススメしてくれただけあって、明るく楽しい雰囲気。
ザ・観光地!!て感じ。
言うなれば、神戸や横浜の中華街と似てる。

めっちゃ睨んでるやん。

カッコイイ小物がいっぱいある

色々と観光して、おなかも減ったので、一軒のお店に入店。

どれも旨そう。

そこで、シンガポールで有名な「チキンライス」を注文した。
チキンライスと言っても、日本であるようなチキンとごはんを炒めたものじゃない。

出てくるのは、蒸したチキンとごはんと、3種類のソース。
で、3種類のソースを混ぜて、それにチキンをつけて食べる。


どんな味か全くわからないまま食べてみた。
まー、びっくり。

う、うまーーーい!!
めちゃめちゃうまーーーい!!!

甘い辛い酸っぱいが絶妙な感じで口に広がる。

以上です。

で、Grabを手配してホテルへ。
チェックイン。
エレベーターに乗り、部屋に案内される。

想像以上に豪華なホテル。

なかなか豪華。

ドアを開けた瞬間、感動。
デッカイ窓からシンガポールの街並みが一望できる。

「お~、めっちゃ良いやん!!」

ドミトリーも、素朴な交流とか自由な雰囲気があって良かったけど、豪華なホテルもやっぱり良い!!

パソコンを開いて、気分よく作業を開始する。
そこにピンポ~ン。

リンゴ2つとオレンジ1つが届いた。

うぇるかむふるーつ。

「え?リンゴ?これは鏡餅的なものか!!?」

いや、違う。
これは、ウェルカムの気持ちを果物で表現したあれだ。
そう。

ウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツ・・・、恥ずかしながら初めての経験だった。
しかし、そう分かった後も、食べていいのか、飾っておくのかよくわからない。

初めての食べ物を前にしたチンパンジー状態。

「ん?このリンゴって食べるのか?」
独り言を言うチンパンジー。

恐る恐るかじってみる。

うまい。
お~、ただのウマいリンゴや。

一気に3つとも食べた。

そこからは、部屋の中をうろちょろしたり
豪華なバスルームで手洗い洗濯したり
バスローブを着て、鏡に映ってみたり

着られてる感が強い。

あとは寝た。

19時ころ起床。
シャワーを浴びて、20時頃にクラークキーへ行くことにした。
Googlemapを頼りに歩くこと20分。
明るくにぎやかなライトが見えてくる。
クラークキーだ。

タイやマレーシアとはまた違う、美しくて、楽しく、品があって、しっとりとした街。
マレーシアと同じく多国籍な感じだけど、落ち着いてながら陽気な雰囲気。
治安の良さを感じる。


恐ろしくクオリティーの低いマイケルものまね。

川沿いに色んなお店が並んでいる。
目についたのはフーターズ。

即入店(笑)

タイガービールと軽食を注文。
シンガポールのフーターズガールを見ながら、飲むタイガービールは格別だった。

ほろ酔い気分で、夜のシンガポールを歩いてホテルへ。

久しぶりに湯船につかる。
電気を消すと、湯船からシンガポールの夜景が一望できる。

「きれいすぎる・・・」

バスローブに着替えて、また夜景を眺めた。

「きれいすぎる」再び

そして今、写真を見返して思う。

バスローブ、全く似合ってへん。

関連記事

  1. 世界一周9日目 AM6:20「地獄のインド。始まり始まり」

  2. 世界一周4日目  AM7:00「金髪美女」

  3. 世界一周21日目 AM9:00「Las Vegasへ、テイクオフ!」

  4. 世界一周10日目 AM12:00 「旅は、おっさんまで詩人にする」

  5. 世界一周13日目 PM13:00「SAMURAIになりたい」

  6. 世界一周22日目 AM9:00「GBWS,ワールドサミット1日目」

  7. 世界一周2日目 AM4:00「ロストバゲッジ」

  8. エアアジア

    世界一周1日目 13:00「エアアジアのCA」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP