世界一周6日目 PM7:00「トイレの神様inマレーシア」

DAY6 クアラルンプール。

パビリオンでは、良いサンダルが見つからなかった。
続いて、LOT10伊勢丹へ。
伊勢丹が、クアラルンプールに出しているでっかいショッピングセンターだ。
クアラルンプールは、パビリオンやLOT10をはじめ、様々なお店がコンパクトに詰まっている、魅力的な都市だ。

かなり好きな感じ。

LOT10横にある、スタバで少し休憩してから再度サンダル探しへ。

サンダルが売っているであろうほとんどのお店を回ったけど、結局、良いのが見つからず。
少し歩くけど、昨日はゆっくり見れなかった「ペトロナスツインタワー」へ行ってみることにした。

ペトロナスツインタワー

このタワー、外観だけじゃなく、内部もなかなかにスゴイ。
中に入ると「スリアKLCC」というショッピングセンターがある。
ブランド店から、スポーツ店、飲食店など、ショッピングから食事、エンターテイメントまで、一日中楽しむことが出来る。
1日では足りないかも。

ここでもサンダル探し。
とにかく、全部見る勢いで、いろんなお店を見て回る。
やっぱりショッピングは楽しい。

そんなウキウキショッピングの最中に、事件は起きた。

あれは、もう、サンダル探しを諦めかけた午後7時。

歩いていると、少しづつ肛門をノックするあいつ。
だんだんとノックの回数と強さが増してくる。
でも、僕は少々ノックされても簡単にはドアを開かない。
しかし、あいつもドア(肛門)が壊れるくらいの勢いでノックし始めてきた。

「よし、そろそろコスモは満タンだ」

意味不明だが、機は熟したって感じ。
ぎりぎりの状態でトイレに入った。

なんと!
不得意な和式便所しか空いていないじゃないか!!

洋式が良いけど、一刻の猶予も許さない肛門。
あいつの肛門ノックも激しく、今にも突き破ってきそうな勢いだ。
耐え切れず和式へイン!

大慌てで、ズボンを下ろしながら、しゃがみ込み、頭の上にある棚に、ミニバッグとスマホ、メガネを置く。
それと同時に全てが開放された。

柔らかめだ。

あ、食事中の方、ごめんなさい。

「ふ~、なかなかギリギリやった」

安堵が広がる。

完全に出し切ったところで、ズボンを上げながら立ち上がった。

と、その瞬間!!
頭が棚に当たり、そのまま、棚の上のものが落ちる。

「痛っ」

「あーっ!!」

バッグとスマホは間一髪、便器の横に。
しかし、眼鏡は便器の柔らかめ辺りへきれいにイン!!

「オーマイガ!!オーマイガ!!」
*ネタじゃなくオーマイガを連呼。

そう叫んだ瞬間に、動いた体にセンサーが反応して、なんと水が流れてしまった。

ジャーーーー!!

眼鏡が流れてまうやん!

そう思ったが、眼鏡は流れることなく便器の中でぐるぐると逆にきれいになった。

しかし、さすがに手を入れて取る気にはなれない。

するとそこに警備員が入ってきた。

僕「ゴム手袋はないですか?」
警備員「どうした?」
僕「これ」
トイレの中を指さす僕。

便器に沈んだ眼鏡を見て、警備員が一言。
「オー、フィニッシュ・・・」

いやいや、オーフィニッシュちゃうから!!
手袋や!
手袋を出さんかい!

再度、便器をのぞき込む警備員、こっちを向いて一言。

「オー、フィニッシュ」

それはもうええから!!

そのまま警備員は行ってしまった。

事件現場。

とにかく、眼鏡がないと非常に困る。
なんとか救出しなければ。

早く救出しなければ、知らない人が上から乗っけてしまうかもしれない。
そうなると、本当にフィニッシュだ。

よし、手袋が無いなら、ナイロン袋を使って取り出そう!
という事で、袋をもらうため店回り。
意味が通じないみたいで、なかなか見つからない。
やっと、プーマで靴を入れていたナイロン袋をゲット。
すぐさまトイレに戻った。

すると、ナイスタイミングで掃除のおじさんがいるではないか!

「手袋は無いか?眼鏡が落ちた」
カタコト英語で伝えるが、全く英語が無理みたいだ。

なので、便器の中を指さし「オーマイガ」と言った。

するとおじさん、無言で眼鏡を見つめる。
その直後だ!
なんと!便器に手を突っ込んで眼鏡を取り出した!

素手だ。

唖然。
何が?みたいな顔でこちらを見て、取り出したメガネを何事もなかったかのように水洗い。

はい、って感じで渡された。

トレイの神様inマレーシア。

その後、洗剤でこれでもかと洗いまくってから、ナイロンに入れた。

無事生還。神様ありがとう。

腹が減ったので、ペトロナスツインタワー1Fにあるシーフードレストランで食事。
笑顔が素敵な青年ウェイターだ。
スープと寿司ロールとビールを注文。

雰囲気も接客もいい感じ。

味もよし。

料理を運んできてくれた時に、ある言葉を言ってみる。

「テリマカシ~」

すると、相手の笑顔がもっと笑顔になった。

「テリマカシ」マレーシアで「ありがとう」を表す言葉だ。

海外では、ついthank youって言ってしまいがちだけど、その国をリスペクトしようと考えた時に、「ありがとう」はその国の言葉で伝えたかった。

魔法の言葉「ありがとう」
人が笑顔になる言葉は、万国共通だ。

関連記事

  1. 世界一周8日目 AM8:00「初めてのGrab」

  2. 世界一周11日目 AM5:00 「詐欺師と天使」

  3. 世界一周8日目 AM9:30「バスローブとシンガポールの夜景」

  4. 世界一周4日目  AM7:00「金髪美女」

  5. 世界一周10日目 AM12:00 「旅は、おっさんまで詩人にする」

  6. 世界一周11日目 AM8:30 「インドで見つけた宝物」

  7. 世界一周13日目 PM13:00「SAMURAIになりたい」

  8. 世界一周2日目 13:00「ルームナンバー11」

プロフィール

左のスケベそうな顔した男が僕サッキーです。こんなスケベそうな顔してますが、小さな会社を経営しています。4年前に決意した「社長のまんま世界一周に行く」という夢。そして叶えた33日間の夢の旅。このブログは、そんな旅の記録です。実際に世界一周に出て、感じたこと、気づいたことなど、これから旅に出たい人の役に立てばうれしいです。僕もまた新しい夢を叶えるために進みます。

株式会社FPJ:http://fpj-world.com/

個人インスタ Follow free!

PAGE TOP